読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学の記憶(忘れる前に)

留学中の出来事。あんなことやこんなこと。

ハロウィンpart1(パーティ前の葛藤編)

ハロウィンの土曜日。

クディッチ部の人たちが開催するハロウィンパーティに招待された。

でもFBイベントページを見ると、Going押してるのは知らない人ばっかりだ・・・。

(色んな人を招待していて、実際に来るクディッチ部の人たちは少ない笑)

今まではルームメイトや他の留学生たちと「集団」でパーティに行っていたけど、今回は「一人」で会場の家まで行って、ピンポン押して、知らない人たちに顔ジロジロ見られて、「Hi~I'm Kohei, nice to meet you」って言いまくらないといけない。

 

うわー、やだなぁーーー。

 

数少ないクディッチの人たちは、それぞれの友達とネイティブ英語で盛り上がるやん?

俺は、

新しい友達作るか(ハードル高し)

クディッチの人捕まえて下手な英語で面白くもない話を延々話すか(迷惑)

ひたすら飲むか(つまんなっ!)

 

せっかく招待されたし、アメリカのハロウィーンパーティがどんな感じか見たいし、飲みたい。から行きたい。

 

んだけど、なんだろうこの怖さは。

 

考えすぎか?

 

シラナイヒトガオオイバショヘイクノガコワイ。

 

部屋で勉強してると、「このまま一人で勉強してた方が楽じゃね?」という考えも出でくる。

 

あれ、でも、俺、勉強するためだけに留学きたんだっけ?

「英語の本を読みにアメリカきたわけじゃねーだろう。」と自分を奮い立たせる(大げさ)

 

いやー、でも怖いなぁ。

知らねー人ばっかりだぞ?しかも俺以外みんな友達だぞ?

どう振る舞ったらいいんだろ。

 

なんでこんなにビビってるんだろう。

というか、何にビビってるんだろう。

せめてみんな日本人だったらなぁー。(←おいおい。何言ってんねん。)

 

ただのハロウィンパーティなのに、この葛藤はなんなんだ!

ほんとに不思議。

日本にいた頃にはなかった感覚だ。

 

ビビり始めると、ビビりに歯止めがきかなくなるな。

 

 

・・・おらぁああああああああああああああ!

 

よし、行こっ。

仮装して、ビール買って、行こう。

 

〜続く〜

 

f:id:koyamagic:20161031013455j:plain