読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学の記憶(忘れる前に)

留学中の出来事。あんなことやこんなこと。

ハロウィンpart2 (パーティなう編)

勇気を振り絞ってピンポンを押した。

ピーンーポンじゃなくてビーって鳴った。(←どうでもいい)

 

家へ入る。

パーティルームへ入る。

みんなと顔合わせ。

この瞬間が一番緊張する。

 

・・・よし、とりあえずみんなと握手し終わったぜ。ふぅ。

まだ始まったばっかりだからか、みんな酔いも回ってなくて、盛り上がりはそこそこ。

場全体で盛り上がるというよりは、2〜3人でそれぞれ話してる。

そして僕は1人。

 

とりあえずビールを開ける。

こういうときのビール(および飲み物ならなんでも可)は本当に便利。

なぜならとりあえず飲んでる風を装えば、1人でもその場から浮かなくて済むから。

 

・・・1本飲みきった。(←おい。笑)

 

「いやーこれはヤバイぞ。」と思いながら、2本目を手にする。

パーティ来て「ポツーン」が一番辛い。

だったら初めから来ない方がマシやろ!というか自分から声かけろや!草食系か!

ってことで、隙を見つけて、同じく1人になっている人に声をかけてみる。

 

あ、この人、目クリクリしてて可愛い。(男だけど)

まぁ、なんか、「やぁ、初めましてー」「何年生?」「3年生。日本からの留学生だよ。君は?」「4年生。僕は生まれも育ちもアメリカさ」「へー、専攻は?どこに住んでんの?」的な、もうニューホライズン(中学の英語の教科書)の例文のような会話をする。

 

誰かが「キングスカップやろうぜ!」と言いだした。

助かった。日本の寮で何度もやってきたゲームだ。ルールわかるゼェ!!!

(全然知らないゲームじゃなくてよかった。)

楽しかった。キングスカップ楽しかった。

Rhyme(韻をふむゲーム。例えば、誰かがInternationalって言ったら次の人はTraditionalとかconventionalとか言わないといけない)の時はすげぇ緊張したけど。

ameblo.jp

(日本帰ったら一緒にやりましょう。楽しいよ!)

 

ふうぅ、地下に移動してビアポンだ!これも得意だぜ!

rocketnews24.com

楽しかった。ビアポン楽しかった。

(別にビールは好きじゃないけど。楽しいよ!)

 

「あれ、自分、結構パーティ楽しんでんな?」ということに気がついた。

気がつけば会場にはたくさんの人がいて、すごいざわざわしてる。

 

「おれ、何に怖がってたんだっけ?」

 

酔っ払った頭じゃ思い出せない。

 

酔いがまわると英語も少しスムースになる。

遅れてきた人たちとコスチュームの話で盛り上がる。

変な飲み物を一緒に飲んで「マズィマズィ」と笑い合う。

 

突如始まったワイン一気飲み大会から逃げながら思った。

「あー、これ、来てよかったなぁ」

 

f:id:koyamagic:20161102141159j:plain

 

〜続く〜