留学の記憶(忘れる前に)

留学中の出来事。あんなことやこんなこと。

アメリカ大統領選挙について

11月8日、アメリカ大統領選挙の投票があった。

正確には大統領ではなく「選挙人団」を選ぶための選挙だが、まぁ実質この選挙の結果で大統領が決まる。

すべてのメディアはヒラリーの肩を持ってた。

ヒラリーサイドのメディアからもトランプ人気が報道されてた。

そのメディアが行う世論調査では、ヒラリー優勢とえども、差は常に僅か。

直前にFBIがヒラリーを再捜査するとの発表もあった。

「ヒラリー、ちょっと危ないんじゃないかな」とは思ってた。

でも、やっぱり、なんだかんだヒラリー勝つっしょ。と思ってた。

まさか、人種差別主義者で、性差別主義者で、LGBTを差別して、地球温暖化を否認してる、政治の素人が、アメリカの大統領になるはずないと思ってた。

開票は大学の学生ホールで見た。

僕の大学は基本みんなヒラリー派。

激戦州とされるフロリダ州で、トランプが勝った。

みんな呆然。ざわざわしてるけど、大騒ぎじゃない。

「うそでしょ?」って感じ。

 

ペンシルバニアもトランプが勝った。

ノースカロライナもトランプが勝った。

おまけにペンシルバニアもトランプが勝った。

 

結果、ほぼすべての激戦州をトランプが制した。

ファイスブックもツイッターもヒラリー支持者の悲鳴で溢れてた。

みんな「信じられない」「どうして」「アメリカに失望した」と大騒ぎ。

投票はもう終わってる。

あとは開票作業を待つだけ。

 

大勢の人々が、トランプがいかに大統領として人格不適合かを感情的になって喋ってる。

それでもアメリカの地図が赤色で染まっていくのは止まらない。

 

 

2016年11月8日

ドナルド・トランプ大統領が誕生した。

 

 

f:id:koyamagic:20161114124147j:plain

f:id:koyamagic:20161114124151p:plain