留学の記憶(忘れる前に)

留学中の出来事。あんなことやこんなこと。

教室でポリティカルコレクトネス。

リーダーシップ論のコースは生徒8人に教授1人という超少人数。

大統領選の結果が出てから、初めてのクラス。

今日は特別に「ヒラリーとトランプのリーダーシップスタイルについて議論しよう」ということになった。

 

もう、議論にならない。

「リーダーシップスタイルについて」の話になるよう教授も頑張ってたけど、全然ダメ。

大学生は教育を受けているし、大学に来れるような家庭で育っているから、断然ヒラリー派。

トランプ大嫌いだし、トランプが勝ってことも許せない。

 

印象的だったのは、教授がなんとなく「トランプに票が集まったのはなんでだろうね」とぼそっと言ったら、ある女の子が、「because they are (頭クルクルパーのしぐさ)」とやった。

 

ある男子学生が若干トランプ擁護的なことを言い始めたら、また同じ女の子が、「あなたトランプに投票したの!?」とすかさずツッコミ。

男子学生は「いや、入れてないけどさ・・・」と尻込み。

(多分入れたっぽいなー笑)

 

トランプの勝因については様々な意見が出てる。

多くの世論調査ではヒラリーが優勢だっだのに、開票してみたらトランプの勝ちだった原因として、「隠れトランプ支持者」の存在がある。

 

あぁ、彼も「隠れトランプ支持者」だったのかな。と思う。

特に大学では「トランプ万歳」なんて普通の人だったら言えない。

トランプ支持グループもごく少数いたけど、完全に白い目で見られてた。

 

そりゃあ、隠れるわな。

 

ヒラリー支持は大声で言えても、トランプ支持は言えない。

 

隠れトランプ支持者、絶対大学にも結構な数がいただろうな。

 

f:id:koyamagic:20161114132335j:plain